2016年12月21日

民朗の今年読んだ小説ベスト『ジャン・クリストフ』の紹介

『ジャン・クリストフ』は人生。


はてさて、今年読んだ小説で最高に素晴らしかった『ジャン・クリストフ』について紹介するのですが、出だしから変な感じで始めてしまった。ただ、これが本作を読んだ率直な感想でした。
本作について簡単に言いますと、主人公は楽聖・ベートーヴェンをモデルとしているジャン・クリストフという男です。彼が生れた瞬間(!)から、人生を終えるその瞬間までを丹念に描いた長大な大河小説です。尚、この小説によって作者であるロマン・ロランはノーベル文学賞を受賞しています。(フランス人としては3人目、小説家としては初の快挙)

本作は、ジャン・クリストフという男が、いかにしてこの世に生を受け、幼少期を過ごし、音楽に目覚め、青年期で恋におち恋に破れ、社会に反抗し反撃され、挫折し絶望を味わい、それでも戦い続け、音楽に一身を捧げ、そして死んでゆくまでを本当に緻密に描いています。正に一人の人生そのもの。読了したその瞬間、まるで長年親しんだ友人を亡くしてしまった様な喪失感すら感じてしまいました。
そしてその男、ジャン・クリストフの人生は、一言で言うと戦いそのもの。あらゆる絶望的状況にも負けず、あらゆることに戦いを挑み続ける姿には、あらゆる人が励まされること必死です。

また芸術を描いた作品としても非常に優れています。芸術を生み出すことの苦悩、芸術性を追求するのが是か・大衆性を求めるのが是かという永遠のテーマ、批評家からの攻撃に対する批判と親愛、ミューズの必要性、等々……。芸術を作る側・味わう側に関わらず、芸術に少しでも携わっていると思われる方には読んで絶対に損はしないと断言出来る程の深い思慮に富んでいます。

翻訳は岩波文庫版『レ・ミゼラブル』の翻訳など、名訳が多いことで知られる豊島与志雄さんです。
尚、私は小説を読んでいて覚えときたい名句をノートに書き溜めている、少し変な癖がある人間(単に忘れやすいだけ)なのですが、本作は今まで読んだ小説の中で、最も名句を抜き出した数が多い作品になりました。折角なので、下の方に全て書き写していますが、結構な分量になっているので、すべて読んで下さる奇特な方以外の為に、特にすげえな!と思った文章を少しだけ紹介します。気になったら是非書店でお買い求めください!




続きを読む
posted by 民朗 at 18:56| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

民朗の今年読んだ小説ブッチギリNo.1!『西遊記』の紹介

さて、このブログでは年末に年間のベスト小説10作品を載せているのですが、結論から言いますと、今年読んだ小説で一番面白かったのはブッチギリで『西遊記』でした。

恐らく誰もが知っているであろう『西遊記』という物語。まあ殆どの方は「有名な話だし、そりゃ面白くても普通だよな」と思われるかと思います。但し、この『西遊記』、実は読む前に思っていた話とかなーーり違っていたんです。

一般的に有名な『西遊記』のイメージというと、矢張り78年と06年のドラマ版が強いかなと思います。

img_0.jpg
1978年に放送された堺正章、夏目雅子、岸部シロー、西田敏行主演のドラマ版

8898611.jpg
2006年に放送された香取慎吾、内村光良、伊藤淳史、深津絵里主演のドラマ版

その辺り、私たちが見知っている『西遊記』と、実際のオリジナルの『西遊記』はどう違っていたのか?をつらつらと紹介してみたいと思います。続きを読む
posted by 民朗 at 08:15| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする