2017年10月14日

お蔵出し批評第3弾『沈黙 −サイレンス−』

今回は番外編!お蔵出しとして『沈黙 −サイレンス−』の批評をアップします。
※お蔵入りしていたには、それなりの理由があるということで……。
 それを踏まえた上でお聴き戴けますと幸いです。



posted by 民朗 at 17:33| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。