2017年01月23日

第89回映画批評 ジャズトランぺッターから見た『ブルーに生まれついて』と『MILES AHEAD』 【完全版】(中編)

【前編】の続きです。
【中編】は『ブルーに生まれついて』のテーマの部分について、
そして『MILES AHEAD』のマイルス・デイヴィスの特異なキャリアと
彼の音楽性の特徴とその変遷について詳しく話しています。
【後編】では『MILES AHEAD』の本質的な部分、一体この映画は
何を描いていて、何が凄かったのかを具体的に話します。

ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。






マイルス・デイヴィスの名盤『RELAXIN'』より「If I Were A Bell」


モード・ジャズ(Modal Jazz)の夜明けとなったマイルスの代表曲「So What」
posted by 民朗 at 23:53| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする