2017年01月23日

第89回映画批評 ジャズトランぺッターから見た『ブルーに生まれついて』と『MILES AHEAD』 【完全版】(前編)

第89回の映画批評は、ジャズトランぺッター映画二本立て!
『ブルーに生まれついて』と『MILES AHEAD』です。
余りにも長くなってしまったので映画の話に絞った短縮版もアップしています。
完全版は全部で2時間弱もある(大バカ)ので、映画に限った話を聴きたい方は短縮版をどうぞ。
度々お話ししている通り、私は趣味でジャズトランペットを普段は演奏していて、
一般の方よりかはジャズに知見がありますので、その点を踏まえて批評してみました。
【前編】では『ブルーに生まれついて』のチェット・ベイカーその人についてと、
劇中で拘り抜かれているジャズ経験者だから気付ける部分について話しています。
【中編】では『ブルーに生まれついて』の重要なテーマの部分について、
そして『MILES AHEAD』のマイルス・デイヴィスの音楽性の特徴について話します。

ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。






チェット・ベイカーが演奏する「Summertime」(キーはDm)


チェット・ベイカーによる「My Funny Valentine」
posted by 民朗 at 23:41| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする