2017年01月23日

第88回映画批評 ジャズトランぺッターから見た『ブルーに生まれついて』と『MILES AHEAD』 【短縮版】(後編)

【前編】『ブルーに生まれついて』の続きです。
【後編】は『MILES AHEAD』について、この意味の解らない映画が、
結局どういう映画だったのか本質的な部分に迫ります。
また、ジャズをあまり知らないと気付けないギャグについても言及しています。
本編を観ていまいちピンとこなかった方は是非お聴きください。
※この批評は、全体を短くまとめた縮小版になります。
 完全版をお聴きになりたい方はコチラからどうぞ。

ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。






エレクトリック・マイルスを代表する作品であり、問題作の一つでもある、『ON THE CORNER』です。
posted by 民朗 at 22:55| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする