2016年11月07日

第86回映画批評 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に物申したい

第86回の映画批評は、11年ぶりとなるシリーズ3作目、
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』です。
シリーズファンには間違いなくおススメできる作品でありながら、どうしても気になる部分があって?
少々偏狭な観方だとは自覚しておりますので、気分を害する方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。
本来、『PK』の批評の前の短評のつもりだったのですが、つい長くなり過ぎた為、分割しました。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 22:45| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする