2014年09月15日

第62回映画批評 『舞妓はレディ』は正統派ミュージカル・コメディ!

第62回の映画批評は「Shall we ダンス?」で知られる周防正行監督の新作『舞妓はレディ』です。
それ程、期待はしていなかったのですが、これが大変面白いミュージカル・コメディだったので急遽収録。
異なる要素をミュージカルに取り入れている、その脚本の妙とは?
過日に同じく公開されたばかりのラップミュージカル『TOKYO TRIBE』にも言及しながら批評してみました。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。





posted by 民朗 at 16:44| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。