2014年04月25日

第58回映画批評 『白ゆき姫殺人事件』と同じテーマを持つ過去の名作

第58回の映画批評は湊かなえ原作の映画化『白ゆき姫殺人事件』です。
所謂ネット炎上を描いている本作、大衆が暴走する様をちゃんと描けているのか?
本作と同じテーマを扱っているであろう過去の名作たち、オリバー・ストーンの『トーク・レディオ』
フランク・キャプラの『群衆』、スティーブン・ソダーバーグの『コンテイジョン』、
そして黒澤明の『羅生門』と比較して批評してみました。
オープニングでは『銀の匙』について軽く話しています。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 21:33| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする