2017年04月12日

第91回映画批評 森見登美彦の個性炸裂!『夜は短し歩けよ乙女』

第91回の映画批評は、森見登美彦の同名ベストセラー小説の映画化『夜は短し歩けよ乙女』です。
実は湯浅政明監督作品を観るのは初めてで、とにかく度肝を抜かれた映画体験だったのですが、
果たして観終わった後の率直な感想とは??
原作者と監督の相性の良さ、そして私(どうでもよい)との相性の悪さについて批評してみました。
オープニングでは『SING』と『キングコング』についてチャチャっと話しています。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 23:06| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。