2017年03月09日

私が『ラ・ラ・ランド』にノレれなかった理由(わけ)〜劇中の珍妙なジャズ観について

現在、全国の映画館で大ヒット上映中の『ラ・ラ・ランド』
『セッション』で注目されたデイミアン・チャゼル監督の最新作で、アカデミー賞本命と噂され、結果、監督賞を始め6冠を達成し、日本での公開も初週は興行収入1位を記録。2週目で『映画ドラえもん』に抜かれましたが、日本国内での邦画傾向を考えると、大ヒット作と考えても良いでしょう。

ただ、ご存知の方も多いと思いますが、この監督の作品は賛否両論が巻き起こる傾向にあります。
その中で顕著なのが、ジャズファンやジャズマニアに嫌われているということです。
日本国内の著名なジャズミュージシャン、菊地成孔氏が監督の前作の『セッション』について苦言を呈し、それに対し映画評論家、町山智浩氏が同作を擁護する発言をする等して起こった“『セッション』論争”を思い出す方もいるでしょう。

町山・菊地「セッション」論争まとめ(あるいは批評家に突如備わる予期せぬ権威)
私が最もフラットかなと感じた論争をまとめたサイト

3月6日、その菊地成孔氏が『ラ・ラ・ランド』について批判的な評論を展開しました。この評論に対して、Twitterを始めとして賛同する声や懐疑的な声が各地で上がっています。

さて、私は『ラ・ラ・ランド』を観て、正直なところ「良かった!」という率直な感想は抱けなかった人間だったのですが、そろそろ自分の感想が固まってきたので、一度書いてみたいと思います。何故、あれ程に多くの方が熱狂出来た同作にノレなかったのか。
続きを読む
posted by 民朗 at 08:19| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする