2016年11月23日

民朗の戦争映画ベスト10

既に投票が始まっている、ワッシュさんの毎年恒例企画【戦争映画ベストテン】に今年も参加いたします。以下が私のベストテンです。尚、戦争映画は余り好んで観るタチではない為、正直意外性・面白みのないラインナップかも知れません。
それではどうぞ。

1.サウルの息子(2015年/監督:ネメシュ・ラースロー)
2.夜と霧(1956年/監督:アラン・レネ)
3.戦場のピアニスト(2002年/監督:ロマン・ポランスキー)
4.鬼が来た!(2000年/監督:チアン・ウェン)
5.ジョニーは戦場へ行った(1971年/監督:ダルトン・トランボ)
6.戦争のはらわた(1977年/監督:サム・ペキンパー)
7.M★A★S★H(1970年/監督:ロバート・アルトマン)
8.生きるべきか死ぬべきか(1942年/監督:エルンスト・ルビッチ)
9.野火(2014年/監督:塚本晋也)
10. プライベート・ライアン(1998年/監督:スティーヴン・スピルバーグ)

選定した理由としては、端的に言っちゃいますと”トラウマ”を深く植え付けられた順です。『M★A★S★H』や『生きるべきか死ぬべきか』は所謂コメディ映画でトラウマを植え付ける様な類の作品ではないですが、忘れ得ない作品となっているのでランクイン。
それではいかに短評をば。

続きを読む
posted by 民朗 at 19:17| ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする