2016年11月23日

民朗の戦争映画ベスト10

既に投票が始まっている、ワッシュさんの毎年恒例企画【戦争映画ベストテン】に今年も参加いたします。以下が私のベストテンです。尚、戦争映画は余り好んで観るタチではない為、正直意外性・面白みのないラインナップかも知れません。
それではどうぞ。

1.サウルの息子(2015年/監督:ネメシュ・ラースロー)
2.夜と霧(1956年/監督:アラン・レネ)
3.戦場のピアニスト(2002年/監督:ロマン・ポランスキー)
4.鬼が来た!(2000年/監督:チアン・ウェン)
5.ジョニーは戦場へ行った(1971年/監督:ダルトン・トランボ)
6.戦争のはらわた(1977年/監督:サム・ペキンパー)
7.M★A★S★H(1970年/監督:ロバート・アルトマン)
8.生きるべきか死ぬべきか(1942年/監督:エルンスト・ルビッチ)
9.野火(2014年/監督:塚本晋也)
10. プライベート・ライアン(1998年/監督:スティーヴン・スピルバーグ)

選定した理由としては、端的に言っちゃいますと”トラウマ”を深く植え付けられた順です。『M★A★S★H』や『生きるべきか死ぬべきか』は所謂コメディ映画でトラウマを植え付ける様な類の作品ではないですが、忘れ得ない作品となっているのでランクイン。
それではいかに短評をば。

続きを読む
posted by 民朗 at 19:17| ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

第87回映画批評 『PK』が描き出す宗教の矛盾と必要性

第87回の映画批評は、『きっと、うまくいく』のタッグ再び!『PK』です。
宗教の紛争も起こっているインドで、宗教をテーマに描く意義とは?
ちょっとした関連として、坂口安吾の『堕落論』、京極夏彦の『魍魎の匣』を絡めて批評してみました。
本来、『ブリジット・ジョーンズの日記3』を短評にするつもりだったのですが、
つい長くなり過ぎた為、分割しました。そちらも宜しければお聴きください。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。






坂口安吾が戦後の日本人を鋭く批評した『堕落論』



京極夏彦の百鬼夜行シリーズは宗教談義が多いので、興味のある方は是非どうぞ。
ミステリファンとしては絶対読んどけ!な作家でもあります。
タグ:PK
posted by 民朗 at 22:56| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第86回映画批評 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に物申したい

第86回の映画批評は、11年ぶりとなるシリーズ3作目、
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』です。
シリーズファンには間違いなくおススメできる作品でありながら、どうしても気になる部分があって?
少々偏狭な観方だとは自覚しておりますので、気分を害する方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。
本来、『PK』の批評の前の短評のつもりだったのですが、つい長くなり過ぎた為、分割しました。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 22:45| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする