2015年12月06日

第78回映画批評 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』 原作への❝愛❞と❝理解❞は似ている様で違うんだ!

第78回の映画批評は、『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』です。
世界一有名なビーグル犬・スヌーピー。しかし、『PEANUTS』という作品自体は
キャラクターの知名度に反して、それほど一般的に親しまれていないと思います。
原作好きの視点から、映画に散りばめられている色々な小ネタを中心に話しました。
また、同じ3DCG作品ということで『STAND BY ME ドラえもん』と比較して批評しています。
いつもの悪癖により今回も長めです。お時間に余裕のある方は是非どうぞ!
オープニングでは有川浩さんの同名小説の映画化作品『レインツリーの国』について話しています。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。





原作『PEANUTS』もお薦めなので是非!


posted by 民朗 at 23:03| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする