2015年08月10日

第74回映画批評 『ジュラシック・ワールド』は怪獣映画❝としては❞どこまでも正しい傑作

第74回の映画批評は十数年振りのシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』です。
怪獣映画の一つとして最高の興奮を味わえる、この夏必見のパニック・アクション映画です。
但し、シリーズファンの私には少し引っかかる部分もあって……?
シリーズの過去作『1』『ロストワールド』『V』も併せて批評してみました。
少しは恐竜に詳しい方だと思っているので、その辺りもお話し出来たかも知れません。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 19:37| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。