2015年06月21日

第72回映画批評 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は現代に甦った『網走番外地』だ!

第72回の映画批評はシリーズ27年振りの待望の最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。
車に一切の興味が無い私にはこの映画が一体どうだったのか?シリーズを通して批評してみました。
それから、一部の観客にフェミニスト映画と評されていることについても言及しました。
オープニングでは子ども向け映画『あなたをずっとあいしてる』について話しています。なんつー落差だ。
ご意見、ご感想、アドバイス等がございましたらメールアドレスまで宜しくお願いします。



posted by 民朗 at 17:34| 映画批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。